検査をしても変化がない?

胃の不調を改善させる

人生を歩んでいくとどうしても自分の思っていることとは違うことが起こるために、ストレスが溜まってしまう・・・。だれしも生活をしていると、ストレスは起こりうるものですが、過剰にためてしまうことで、胃痛や胸やけの原因になるために注意。

 

内蔵知覚過敏や運動機能異常、そのほかに現れやすい症状としては「吐き気、悪心、食欲不振、胃の不快感」など。

 

 

時々起こるような症状なら、そこまで考えることはありませんが、週に2〜3回異常、継続して起こるなら少し注意が必要。

 

胃にたいして違和感のあるような症状が起こる場合機能性ディスペプシあと診断される場合があります。

 

胃潰瘍や胃癌などの病気がないことを確認するため、胃の内視鏡検査が行われるのですが、胃の粘膜に異常がないのに症状があるのが機能性ディスペプシアの特徴。

 

 

慢性的には基準があり、症状が週に2〜3回以上現れ、それが6ヶ月以上から始まり3ヶ月以上続いている場合に起こると言われています。

 

機能性ディスペプシは、胃の調子が良くないと感じても、検査で胃や食道に病変が見つからない場合「異常なし」と診断され、治療の対象とならない場合伝えられること。

 

病院の先生だと「気のせい」と片付けられることも多くあるそうです。

 

ただし、格子体の不調は、ストレスなどが原因で起こり、自律神経の乱れから胃の運動機能に異常がしょうじたり、胃や食道が知覚過敏に及ぶために、ふだんの生活の中でストレスを貯めずに、食事を整え運動などを心がけることがだいじだといわれています。