それぞれの胃の薬

胃の薬にも様々な種類

私は、胃の違和感を感じたため、病院で検査をし処方を受けたのがH2ブロッカーのガスターになります。
しかし、胃の症状だからガスターの薬が全て効果があるわけではありません。

 

胃酸分泌の過剰により、他にもプロトンポンプ阻害薬もあり、こちらは胃の壁細胞にあり、胃酸分泌する仕組みの最後の段階にあるプロトンポンプという機能を阻害することで、胃酸分泌を強く抑えます。

 

H2ブロッカーは、胃の壁細胞にあり、胃酸分泌を即すヒスタミンH2重要帯に作用することで胃酸の分泌に関係し、胸やけや胃痛に効果があります。

 

 

運動機能改善薬としてはアコチアミドという成分が含まれている薬が使用。
こちらは胃が十分に膨らまないと早期満腹感が起こる症状に使われます。

 

食べたものの排出が遅いと、胃もたれや腹部の満腹感が起こり、胃の動きの異常が原因のため、運動機能の改善薬として選択されます。

 

 

以外にも胃の痛みから抗不安薬は抗うつ薬を処方する病院もあるそうです。
気分の落ち込みがあるなど、強いストレスによる自律神経の乱れが原因の場合、抗不安薬や抗うつ薬を服用し、ストレスを緩和させ胃酸分泌を抑えます。

 

 

それぞれの症状に合った薬をうまく服用することが重要になりますね。