必要最低限行うこと

薬との関係について

胃や食道の不調に対する痛みを感じた場合には、すぐに治療を行いたいもの。
薬が重要な役割を果たしてくれるのですが、まず使われるのは「胃酸分泌抑制製薬」か「運動機能改善薬」ですね。

 

胃酸分泌抑制製薬は、胃酸の分泌を抑える薬で、胃や食道の粘膜が遺産によるダメージを受けている場合のほか、知覚過敏によって胃痛や胸やけなどが起きている場合に、胃酸の量を抑えることが症状として改善される。胃酸分泌抑制薬にはプロトンポンプ製薬とガスターのH2ブロッカー受容体薬の2種類があります。

 

運動機能改善薬としては、胃の働きをやわらげる薬で、それによって胃の上部が膨らんで食べたものを貯められるようになったり、胃の中の物をスムーズに排出できるようになる。

 

早朝満腹感や腹部の満感、胃もたれなどがあるときに利用されているそうです。

 

 

ただし、胃に対する違和感や痛みを緩和する効果はあるものの、長期間にわたり服用を続けていると、その分の副作用も起こりやすくなり、逆に胃に負担をかける恐れもあります。

 

できることなら、痛みを感じた時にだけ服用し、それ以外はできるだけ薬に頼らずに、ストレスを緩和したり、食事の管理には心がけるようにしましょう。